当サイトはお金を借りる方法やお金の悩みを解決すべく立ち上がったカリレンジャーが運営しているお金のお役立ちサイトです。お金の悩みを解決してあなたにベストなお金を借りる方法を導き出します。皆様のお役に立てると光栄です。

しか~し

じっくり見ている暇のないくらい急いでいる人もいるでしょう!そんな人はまずはこちらを参考にしてください!

今すぐお金を借りたい人が借り入れ先を選ぶときにチェックしたいのが 早さ 金利の低くさ 安心して利用 この3つが揃うことが重要だと思います。 早さでいえば アコムプロミスモビットといった大手の消費者金融がよいでしょう。 金利の低さであればみずほ銀行カードローン三菱東京UFJ銀行カードローンなどが候補となります。 安心感であれば大手のアコムプロミス体裁の良い銀行カードローンを選ぶのが良いと思われます。

そんなことを踏まえながら当サイトでお勧めするのがこちらのカードローンです。

融資が早くて安心感抜群!無利息期間のあるカードローン

プロミス
プロミス
実質年率 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短30分
在籍確認 おまとめ 主婦
あり あり 借入可能
  • 無利息期間が30日間あって今回だけの利用なら◎
  • 安心して利用できる上場企業のカードローン
  • 審査・融資までの早さがトップクラス
  • 来店不要で振込キャッシングも可能
  • 安定した収入があれば主婦・学生でも利用可能
公式ページへ
アコム
実質年率 借入限度額 審査時間
3.0%~18.0% 800万円 最短30分
在籍確認 おまとめ 主婦
あり あり 借入可能
*専業主婦は利用不可
  • はじめてなら30日間金利が0円!
  • 三菱UFJフィナンシャルグループなので安心
  • 審査が不安な場合は3秒診断で借入可能か診断できる
  • 来店不要で振込キャッシングも可能
  • 安定した収入があれば主婦・学生でも利用可能
  • ※20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
公式ページへ
少しくらい遅くてもやっぱり銀行のほうが安心感!!安心感と体裁が気になる人はのこちらの大手銀行カードローン

ネットから申込が可能な銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン
実質年率 借入限度額 審査時間
1.8%~14.6% 1万円~500万円 最短30分
在籍確認 おまとめ 主婦
あり あり 借入可能
  • 大手銀行で安心感抜群!日本の3大メガバンク
  • 銀行なのに融資までが早い!
  • 金利が低いのでとても使いやすい。
  • 審査が不安な場合はお試し診断で不安解消!
  • 主婦や学生でも即日利用可能です。
公式ページへ
みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
実質年率 借入限度額 審査時間
3.0%~14.0% 1,000万円 最短30分
在籍確認 おまとめ 主婦
あり あり 借入可能
  • 最短即日利用が可能で24時間申込受付中
  • 200万円までは収入証明が不要
  • WEB完結ならネットから申込で振込
  • 1000万円までの大口融資が可能
  • 金利の低さはトップクラス
公式ページへ

銀行でもスマホでお金を借りる便利な時代

ひと昔前までは銀行でお金を借りようと思うと
必要書類を揃えて → 窓口に行き → 契約書を書いて → 審査を3日くらい待って → 融資可能の連絡があってようやくお金を借りることができる。
非常に面倒で時間がかかっていました。

それが今ではスマホでその日にお金を借りることができます。
必要事項を記入(10分程度) → 審査(30分程度) →  振込もしくはATMで借入 と考えられないくらい簡単で早い融資が可能となってます。

時代の変化もさることながらお金を借りるニーズが高まっている証拠とも言えますね!

どうしてもお金が必要?

どうしてもお金が必要なのに手元にお金がない!・・・そんなときもありますよね。
大丈夫、それは恥ずかしいことではありません。誰しも経験することです。そういうときは賢くお金を借りてピンチを乗り切りましょう!

もちろん、返すあてもなく、身の丈に合わない金額をどんどん借りて借金地獄に・・なんてことにならないよう、しっかり知識を身に着けて計画的に借りましょうね!

お金を借りるケース

こういったケースに陥ったことはありませんか?

例えば、年末年始。何かとお金が必要ですよね。場合によってはお年玉だけで十万円を超えるご家庭だってあるのでは?中々痛い出費です。親戚が挨拶にやってくる・・来客に何のもてなしもしないわけにはいきませんよね。年末年始は一年の中でも特にお金が必要な時期なのです

また、周りの結婚や出産が立て続けに起こる、なんて時期もありますね。ご祝儀貧乏、という言葉もあるように、祝い金も重なれば中々の出費です。少ない給料をなんとかやりくりして日々頑張っている一人暮らしの方には結構厳しい出費となるのではないでしょうか。しかし、大切な友人の門出は、気持ちよく祝ってあげたいですよね!

給料日前に重なる飲み会も、結構厳しいものです。縁のない人から見れば遊んでいるようにも見える「飲み会」ですが、上司や先輩に誘われた飲み会は仕事の一環といえるのではないでしょうか。

飲み会に参加するか否かで会社での人間関係が決まってくる場合もあるのがサラリーマンのつらいところです。また、部下に誘われた場合にきっちり割り勘・・・というのも言いづらいでしょう。たとえ小遣い3万円しか自由に使うお金がなかったとしても「ここはオレに任せろ!」とスマートに会計したいですよね。

kariren01

 

どこでお金を借りる?お金を借りる方法

 

お金を借りる方法と聞いて何が思いつくでしょうか?
消費者金融と銀行。それだけだと思っていませんか?いえいえ、実は他にもあるんです!

私でも借りられる場所があるのかしら?・・とお悩みの方!
大丈夫、あなたにも借りられる方法が見つかりますよ!

1)消費者金融でお金を借りる

お金を借りると聞いて一番に思いつく方も多いのではないでしょうか。
昔は良いイメージのなかった消費者金融ですが、最近では各社CMの効果もあり、クリーンで安全なイメージへと変化し、借りやすくなったと言えます。

消費者金融のカードローンで借りるメリットは審査が易しく、誰にでも借りやすいこと。そして、審査が早く即日融資に対応していることでしょう。

一方で銀行などに比べると、金利は高めの傾向にありますので他の方法とよく比較検討することが大切です。また、貸金業法に基づき、総量規制の制約を受けることから年収の3分の1以上は借りることが出来ません

モモモモ

少額をすぐに、手軽にお金を借りる場合は消費者金融が最適ね。

即日融資可能な大手消費者金融

大手消費者金融の審査スピード比較

アコム プロミス モビット アイフル
最短30分 最短30分 最短1時間 最短1時間
2)銀行でお金を借りる

銀行のカードローンで借りるメリットとしては比較的金利が安いことと言えるでしょう。消費者金融で借りる前に、一度銀行に相談してみて損はありません。

また銀行は銀行法の適用を受けるため、総量規制の対象外となります。したがって年収の3分の1を超えた金額を借りることが可能です。可能とはいえ、銀行も返すあてもないような人に無制限にお金を貸すということはありませんので、借りられる金額は概ね年収の3分の1程度だと思っておいたほうが無難でしょう。また銀行は消費者金融に比べ、審査が厳しい傾向にあります

レッドレッド

総量規制の対象外だから専業主婦の人にも可能性があるぞ!

即日融資OKの銀行カードローン

3)生命保険でお金を借りる

実は生命保険からお金が借りられるのです。ご存じない方も多いのではないでしょうか?
契約者貸付制度というものがあり、契約者本人であれば、生命保険の解約返戻金を担保にお金を借りることが出来ます。お金に困ったら消費者金融に駆け込む前に、保険の証書をご確認ください。

メリットとしては、カードローンに比べ、金利が格段に安いといえること審査がないこと、返済期限は保険の有効期限内でよいということです。ただし、昔に契約した利率の高い保険の場合、金利が高くなる場合がありますのでご注意を。

金利は複利方式で計算されるため返済が滞ると返済額がドンドン膨らんでいくことになります。また即日融資には対応していません。概ね1週間程度必要となりますので、今すぐお金が必要という方には不向きになります。

イエローイエロー

無職でも大丈夫!まずは自分がどんな保険に入っているか確認しよう!

契約者貸付制度でお金を借りる~生命保険の「返戻金」を利用して借りよう

4)公的機関でお金を借りる

意外に見落としがちですが、実は自治体からお金を借りることも出来るのです。

代表的なものに、生活福祉資金貸付制度というものがあり、金利も他に類を見ないほどの低金利です。ただし、生活資金が足りず、困窮している場合に自立をサポートする制度となっているため、誰でも借りれるわけではありません。

ギャンブルで負けたから、というような理由で借りることはできないのです。しかし、本当に生活に困っている場合は迷わずに頼ってください。

生活保護と違い、あくまで貸し付ける制度ですからもちろん返済義務があります。返済能力がないと判断された場合は貸しつけてもらえません。すでに借金で火の車になっている人は債務整理を、借金はないけど事情があって困窮している人は生活保護の申請をしてみましょう。

ブルーブルー

生活難の人を救うために存在する制度なのです。本当に必要なときにはぜひ利用してください。

市役所でお金を借りることができる?「生活福祉資金貸付」の概要

5)友人・知人にお金を借りる

こちらも多くの人が思い至る方法ではないかと思いますが、おすすめはしません。
「金の切れ目は縁の切れ目」とも言いますように、お金の問題は縁のこじれにも繋がります。残念ながらお金が問題で大切な友情が壊れてしまうケースは珍しくありません。大切な友情を壊さないよう出来るだけ友人・知人を金銭問題に巻き込むのはやめましょう。

グリーングリーン

友人、知人に頼る前に親に頼ってちょうだいね

いかがでしょう。思ったより選択肢が広がったのではないでしょうか?

いくらくらい借りれるの?

給料日前にほんのちょっとお金が足りない場合や、ある程度まとまった金額が必要な場合があると思います。しかし、借入の方法によって借り入れ可能な金額は決まってきますからよく確認して最適な方法を選んでください。

消費者の金融カードローン 年収の3分の1
銀行のカードローン 上限なし
(ただし現実的には年収の3分の1程度)
生命保険の契約者貸付制度 解約返戻金の70%~90%
生活福祉資金貸付制度の総合支援資金 複数世帯月額20万円まで
単身の場合は月額15万円まで

 

消費者金融のカードローンは総量規制で定められているために、年収の3分の1までしか借入れ出来ません

一方銀行については総量規制の対象外のため、法律で上限を設定しているわけではありませんが、概ね年収の3分の1程度と思っておいたほうが良いようです

生命保険の契約者貸付制度は、解約返戻金の70%~90%ですので、掛けている期間が長ければ長いほど、借りれる金額は多くなります。逆に契約して間もない場合は借りることはできません。

生活福祉資金貸付制度の総合支援資金の場合は複数世帯であれば月額20万円まで借りられますが、あくまで生活を立て直すために必要な資金として貸付けされるため、生活費以外に使用することはできません。

どのくらいで借りれるの?

予め出費の予定がわかっており、余裕を持って借りられる場合もあれば、今すぐお金が必要な場合もありますよね。さて、一体どのくらいで借りることが出来るのでしょうか?

kariren02

・消費者金融はとにかく審査が早い!

手軽ですぐに借りられることが大きなメリットである消費者金融は審査が早く、即日融資が可能な場合が多いです大手消費者金融では最短30分で審査が完了します。とにかく急いでいるという方は消費者金融での借入れをおすすめします。

・審査が早い銀行も出てきた!

以前は消費者金融は審査が早く、銀行は審査が遅かったものです。
しかし近年では消費者金融に負けないくらいの速さで審査を行う銀行も増えてきています。残念ながらすべての銀行についていえるわけではありませんので、該当する金融機関の情報をよくチェックしてみましょう。

・契約者貸付制度はすぐ借りるには不向き。

生命保険の契約者貸付制度は、保険会社から郵送で送られてくる必要書類に記入し返送、その後振り込みという手順を踏みますので、約1週間程度かかります。2日~3日で送金してくれる会社もありますが、いずれにせよ、即日の借入れは難しいでしょう。今すぐ借りたい!という場合には不向きといえます。

・生活福祉資金貸付制度はとても時間がかかります。

公的機関だけあって審査も厳しく、審査を通過するのに1ヶ月~2ヶ月必要との話も。
そんなに待てない!なんていう状況にならないように、利用を検討している方は早めに申請するようにしてくださいね。

金利ってどのくらい?

お金を借りる際には金利は重要ですよね。それぞれどれくらい金利に差があるのでしょうか。
金利の安い順番で並び替えると以下のようになります。
(以下に記した値はおよそのものですので、もちろん各金融会社によって利率は異なります。)

公的機関「生活福祉資金貸付制度」(総合支援資金) 0~1.5%
生命保険「契約者貸付制度」 3.5%
銀行「カードローン」 14%
消費者金融カードローン 18%

圧倒的に低金利なのは、生活福祉資金貸付制度です。連帯保証人をつければ金利はなんと0%です。しかし、これは本当に生活難に陥った人を救済する制度のため、一時的な資金難や、小遣い程度のお金がほしいといった場合には貸付けしてくれません。

次に金利が安い生命保険の契約者貸付制度ですが、積立タイプの保険に加入していない場合は利用できませんので注意してください。万人が利用しやすいものほど金利が高くなる傾向にあり、比較した場合に金利の高さが目立つ消費者金融のカードローンですが実は無金利で借りる方法もあります

無利息で借りれるって本当?

消費者金融によっては「初回無利息サービス」などのサービスを実施している場合も多く存在するのです。消費者金融はお金を貸し、利息によって運営しています。ですから無条件に、いつまでも、何度でも、というわけにはいきません。多くの場合、「初回に限り30日間」などの制限があります

確実に返すあてがあり、今回だけ借りたい・・!という場合にはぜひ利用するとよいでしょう。

無利息でお金を借りるならこちらのカードローンお勧め

ももの独り言

お金の借入をしたいときに業者を探していると、カードローンキャッシングという文字が目に入ります。概要を読むと、カードローンもキャッシングも同じようなことが書かれていますが、この2つは同じ意味の用語なのでしょうか。

現在ではカードローンもキャッシングもほとんど同じような意味合いになりましたが、元は少し違うものでした。カードローンのローンという言葉は、自動車ローンや住宅ローンという商品にも用いられています。価格が大きいものを買うときにキャッシュで一括払いできるケースは少ないので、ローンを組むことで購入を可能にしてくれるものです。

ローンには金利がつきもので、借入した金額に利息をプラスした料金を、毎月返済していきます。カードローンの場合は、自動車や住宅などといった具体的な対象ではなく、お金のローンとなります。

キャッシングは、以前は融資を受けた次の月に、その金額と利息分を一括払いするというスタイルでした。分割ではなくいっぺんに全額を返済することから、現在と違って小規模な金額に用いるイメージがありました。

カードローンは、リボ払いと呼ばれる、使用した金額を分割して月々返済する形式なので、大口融資に利用されることが多く、キャッシングは一括払いなので小口融資への利用に片寄っていました。

大口融資と小口融資という、それぞれの特徴を持っていたのですが、近年ではキャッシングにもリボ払いが導入されるようになったことを受け、カードローンとの違いがなくなってきたのです。特徴に違いがなくなってきた現在では、カードローンとキャッシングのどちらを選ぶべきなのでしょう。

比較材料は、やはり金利です。

金利が低い方が、借入金額が同じ場合でも返済額が少なくすみます。クレジットカードについているキャッシング機能は、比較的高い金利の設定になっていますから、現時点では銀行系カードローンなどの方がお得でしょう。融資を受けるときには、低金利なところを選んで、早めに完済したいものです。